2009/10/17

原丈人さん

こんにちは。

先日、原丈人さんの「新しい資本主義」を読みました。

新しい資本主義 (PHP新書)/原 丈人

最近読んだ本の中で一番おもしろかったです!読後すぐ、友人に「是非読んでほしい!」とおススメしましたw(先ほど友人から購入したとの連絡がありました)

動画によっても原さんの考え方を知ることができるので、よろしければ下記リンクをご活用頂ければ幸いです。

『日本の若者が世界を救う! 原丈人』

本のアウトプットは手帳に書いたので、ブログでは割愛します!(整理して人様にお見せできる状態になったら書かせて頂きます。)

今回は以上です。

2009/10/11

レーシックを受ける件【後編】

こんにちは。

前編を書いたっきりで終わっていました↓レーシックの件ですが、実は

「レーシックを受けました」

ほんの二日前、手術をしました。結論としては、現在視力⇒右:1.2 左:1.0 となりました!

かなり迷ったのですが、今後のことも考えて(途上国で過ごすことを考慮して)手術に踏み切りました。手術を受けた病院は品川近視クリニックです。メジャーどころですね。

思っていたほど手術は簡単で、あっという間に終わりました。終わった後、麻酔の関係かもしれませんが意識が朦朧としました。失神というものをしたことがないのですが、「あぁ、これで気を抜いたら失神できそうだ」と感じました。

ちなみに僕は近視がものすごいひどかった人間です。のび太君がメガネを外したぐらいの視力しかありませんでした。そんな自分でも1.0以上になるとは・・・衝撃です。

ざっくりと感想を言えば、コンプレックスを強ーーーーく持っている人や途上国で暮らす人であればレーシックを受けてもいいかと思いました。「ちょっと眼が悪くなってきたな、レーシックでも受けるか。」というノリで受けるものではない気がしました。ドライアイとかハローグレア(光がギラギラ光ってとてもまぶしく、目に負担がかかっている状態)がついて回りますし、自然な視力とは言い難い部分があると思います。

まぁ後は感染症や炎症などに罹らないように気をつけたいと思います。


追伸:以前前編でお話ししたレーシック手術を受ける件【前編】のドリームプランの正体は、下記の本で視力を高めてみようということでした。

どんどん目が良くなるマジカル・アイ MINI PINK (宝島社文庫)/ジーン レビーン/ゲイリー プリースター

残念ながら努力空しく、裸眼で生活できるまで視力を高めることはできませんでした。(だからレーシックを受けたわけですが)これで視力を高めることができればベストだったのですがw

読書とかをしばらく控えなければならないのは、苦痛ですが・・・遠くを眺めることが楽しい今日この頃です★