2016/10/13

勇気ある撤退(2)

こんにちは。

前回の記事、僕の書き方が悪かったためか、
「え?モザンビーク撤退するの?」
とのコメントが友人からありました。

変なタイトルをつけたせいで、誤解を招いたようです。
ようし、今回は、タイトルに即した内容にするぞ。


前回の記事では、
モザンビークでの家族生活を中止し、妻子は日本へ戻る
という出来事の理由を書きました。

今回は、
この決断は、家族のあり方を発展させるための、前向きな決断
なんですよ〜ということを、書きます。

事実だけ取り上げて書くと、ネガティブな意味合いに映りますね。
でも、自信を持って言えます。今回の判断はグッド(ポルトガル語だと、ボン、ですね)でした。

まず、この判断が、
「モザンビークに家族3人で暮らした」経験の上でされたこと
がよかった。

経験してみてわかったこと、たくさんあります。
例えば下記のようなことが。

アジア人の子どもに対しても、現地人の対応が温かい
   → よく、お店の人から飴とかもらってました

妻と子どもだけで歩くと、警察は一切絡んでこない
   → 僕が一緒の時は、絡まれます

息子はモザンビークでも、元気に育つ
   → 滞在後半から、公園でも物怖じせず、自分から現地の子と遊ぶようになりました


前回マイナスのことばかり書いてしまいましたが、
プラスの要素もたくさんありました、今回のモザンビーク生活は。

いい・悪い両方を経験し、それについて夫婦間で意見を交わす中、
これから家族をどういう形にもっていくか、ということを考えました。

僕が学生時代お世話になった団体の代表の方も、カンボジア駐在なので、家族と離れて暮らしていました。
今、新しい家族生活のあり方にチャレンジ中のようです。

青木家第四章のチャレンジ - 七夕婚から週末婚へ

今はタイのバンコクに家族がいて、週末にカンボジアから通う生活とのこと。
真剣に家族と事業の両立を考え、行動に移している姿、見習っていきます。


そう、つまり

家族の形はそれぞれなんだから、自分たちに合った形を模索しよう
ってことです。

僕らのケースだと、通常
・夫(僕)も日本へ戻り、家族3人、日本で暮らす
・妻が夫を見限り、三行半(表現が古いか)

のコースをとるかもしれません。
でもそれは、「よく聞く」コースなだけで、自分たちにとって正解かは不明です。

夫が将来的に日本にも拠点を置き、モザンビークと日本を半々で過ごす。妻と子どもは普段日本で暮らし、休みなどを利用してモザンビークへ遊びに来る

どうでしょう、このコースは。
現状から考えると、あまり、というか全然現実味のない道です。

僕らはそこを目指してみます。
しばらく離れて暮らしますが、上記の状態を作り上げることを目標に、動き始めました。

なので、今回の
「妻子はモザンビークを去り、日本でしばらく暮らす」
というのは、家族のあり方を模索するための、ポジティブな決断です。

そう、撤退は撤退でも、次を見据えた動きなので、
今回タイトルを「勇気ある撤退」という表現にしました。
もっと上手くまとめてタイトル説明に持って行きたかったのですが、この程度が僕の文才です。

まだまだこれからの僕たちですが、前を見ることだけは忘れず、進んでいきます。

今回は以上です。


息子の2歳の誕生日に行った、モザンビーク島。また一緒に来れる日を、父は待つ






2 件のコメント:

  1. 素晴らしいです!
    応援しています!

    返信削除
    返信
    1. ありがとう!来月楽しみにしてるよ!

      削除