2016/11/14

サンタプロジェクト~モザンビークに花を届けよう~

1年半ぶりの登場、妻です。

前回の記事にあったように、私は約5ヶ月間のモザン滞在を経て、
今日本でこの記事を書いています。

モザンで過ごした日々を思い起こしてみると、
今日は水が出る?電気は付く?ねずみは?ダニは?蚊はいない?と
毎日身体をかきむしりながら、子供が事故に遭わないよう、病気にならないよう、
ただただ生きることに必死でした。

それでも毎朝またがんばろうと思わせてくれたのは、
モザンビークの人々のたくましく生きる姿でした。

朝息子と散歩に出かけると、
「おーい彼女~元気か~い?子供も元気か~い?」と
ビルの上から、工事現場から、あちこちから大きな声で呼ばれます。
その愉快な声を聞いていると、元気のない日でも
「とっても元気よ~」とにこにこしながら答えてしまいます。
「やぁ可愛いプリンセス~♪」なんて言われた時は大笑いしてしまいました。

毎日「バナナ買って~」と家までやってくる女の子のソーニャ(夢)ちゃんは、
「パパとママは私が小さい頃亡くなってしまったから兄弟はいないの、
今はもらわれた家でバナナ売りをさせられてるの」と話してくれました。
学校にも十分に通えない彼女は言葉も不十分でしたが、
いつも満面の笑みで息子と遊んでくれました。

そして、どんなに心が折れそうになった時でも私にパワーをくれたのは、
モザンビークの母親たちの姿でした。
布一枚で前と後ろに子供を抱え、
さらに売り物を頭の上に乗せ、猛暑の中どこまでも歩き続ける芯の強さ。

彼女たちから感じるのは必死さではなく、本気で今を楽しむ力
本気で今を生きる力でした。
将来の不安、怒り、憎しみなどを感じさせず、
今の幸せを大切にしている彼女たちは、女性らしい魅力あふれる
輝きを放っていました。

前置きが長くなってしまいましたが、今回の滞在では、毎年日本の中学生が
送ってくれている文房具の寄贈に立ち会うことができたので紹介します

日本の子供たちがサンタプロジェクトと題して、使わなくなった文房具や
学校で作ったぬり絵を送ってくれました。

中学校から「今年も送り切れないほどたくさんの文房具が集まりました!」
という報告を聞き、日本の子供たちが現地の子供たちを思い浮かべ、選んだり、作ってくれた時間が嬉しく、その想いを届けるサンタ役になれて幸せな気持ちでいっぱいです。

今回は、6校の孤児院と識字センターへの寄贈が実現しました。

識字センターとは、何らかの事情により(内戦の影響や、貧困など
初等教育を受けられなかった人を対象に読み書きを教えている所で
机、椅子、トイレのない、青空教室のような場所で授業が行われていました。


識字センターにて

孤児院でのぬり絵の授業では、現地の子が日本のみんなに「ありがとう」と
日本語で一生懸命お礼の言葉を書いてくれました。

ぬり絵の授業
私はピアノでクラシックや
日本歌曲、中学校の校歌を演奏し紹介しました。

日本の歌を紹介

子供たちは、文房具のお礼に現地のダンスやソーラン節を披露してくれました。

文房具を見た瞬間、夢中で色を塗っている瞬間、ダンスを思いっきり楽しんでいる瞬間。
この国を選び、この国に生まれてきた子供たちは、どんな瞬間でも自分の花を咲かせることに全力で取り組んでいました

そんな子供たちと過ごせた時間は、あたたかく、優しさに満ちたものでした。

ぬり絵を夢中でする子どもたち

ソーラン節を披露してくれた子どもたち

私はこの5ヶ月のモザンビーク生活を、ちょっと早いクリスマスプレゼントをもらったように
感じています。
日々のありがとうの言葉や感謝の気持ち、小さな発見や喜び、そして、
痛みや痒みのない体でいられること、この世に生まれ生きていること。
そんな大切なプレゼントに気付くことができました。

憧れのサンタさんは、遠い、特別な存在ではなく、
一番身近に、一番自分の近くにいるのかもしれませんね。

今回は以上です。